さらにっき

何かのお役に立てば

チキンラーメンファクトリーに行ってきました。

大阪府池田市にあるインスタントラーメン発明記念館の「チキンラーメンファクトリー」でチキンラーメン作りを体験してきました!

 

小学生未満は体験不可です。

ガラス越しに眺めることになります。

私は妹と体験してきました。

体験時間は90分。

体験料は小学生は300円、小学生以上は500円。

自分で作ったチキンラーメンはもちろん、ちょっとしたお土産ももらえますのでこれは後ほど。

平日に行きましたが当日参加可能な枠は少なく、埋まっている枠もあったので事前の予約がオススメです。

 

チキンラーメン作りレポ

発明記念館の1階で受付を済ませて番号札を入手します。

私は番号札が必要なことに体験直前に気づき慌てて受付をしました。

体験場所は2階なので、発明記念館に入ってすぐに受付をしておくといいですよ。

 

時間になり体験場所に入ります。

ガラス張りで中にテーブルやキッチンがあり、お料理教室のような雰囲気です。

自分の番号が書かれた席にひよこちゃんの柄の三角巾とエプロンがあるので装着。

三角巾とエプロンをつけると私、お母ちゃん感すごいんですけど、気にせず近くにあった大きな鏡を見ながら前髪を微調整・・・

三角巾のひよこちゃんがちょうどおでこの位置になるように付けてください、と指示されますが。

ブロンドの外国人女子グループは頭の上に結び目を持ってきてリボンみたいにし、三角巾がお洒落アイテムと化していました。

 

f:id:chipandsara:20170414181019j:image

↑正しい着け方。 妹。

 

手を洗い、チキンラーメンの作り方を簡単にまとめたビデオを見ます。

外国人客にも分かるように英語で簡単な字幕があるのですが、ものすごく小さい文字な上になぜか灰色の文字なのでたぶん至近距離まで迫らないと読めません。

(ちなみに発明記念館は外国人観光客だらけで、日本人の方が少なかったです。)

 

チキンラーメン作りは粉と水を混ぜるところから始まります!

本格的!

大まかな流れは、

粉と水を混ぜる→塊になったらローラーでのばす→切る→味付け→揚げる→袋に詰める

混ぜる時の指の使い方にコツがあったり、ローラーに指を挟まないよう気をつける必要があったり、小学生以上しか体験できないのも納得です。

後半の揚げる作業と袋に詰めるところのみ、 発明記念館の方がしてくれます。

f:id:chipandsara:20170414175645j:image

 

とはいえほとんどの工程を体験できることに驚き!

途中何度か待ち時間があるのでその時にチキンラーメンのパッケージに絵を描いておきます。

 

いよいよ完成

パッケージに詰めてもらったチキンラーメンと一緒にもらえるものが2つあります。 

ブログの前半でお伝えしたお土産ですね。

1つは、市販されているチキンラーメン

もう1つは、ひよこちゃんの三角巾です。

パッケージのイラストは、

チキンラーメン、、鶏!卵!」ということでイースターにしました。

f:id:chipandsara:20170414175713j:image

 

ちなみに自分で作った方のチキンラーメンのパッケージの裏面、製造場所がちゃんと記念発明館の住所になってます。

f:id:chipandsara:20170414180510j:image

 

90分も体験させてもらえてお土産付きで500円。

娘が小学生になったら体験させてあげたいな。

人気なのもうなずける内容でした。