読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらにっき

何かのお役に立てば

ミニオンハチャメチャライド ゆるいネタバレレポ

USJミニオンハチャメチャライドに乗りました!ネタバレあります。

 

ちなみにこの直前に空腹の状態でフライングダイナソーハリーポッターのフォービドゥンジャーニーに乗ったので結構乗り物酔いしています。

 

待ち時間は70分。

まだ短い方と判断し、空腹と乗り物酔いでフラつきながら並ぶことにしました。

 

列に並んで待つ間は天井から設置されてるスクリーンでミニオンの出すクイズを楽しめます。

周りの看板を見るとなにやら「ミニオンになろう!」「ミニオンになればこんな素敵な暮らしが!」などの文字が。

 

どうやら乗客はミニオンになってミニオンと一緒に飛んだり落ちたりハチャメチャできるアトラクションのようです。

 

このアトラクションはもともとはバックトゥザフューチャーがあった場所にできています。

ライドも当時のものを使用しているのか、画面の映像と連動してかなり動きますよ!!まさにハチャメチャです。

 

乗ってみた感想。

f:id:chipandsara:20170511234233p:image

こんな感じでした。

空腹と乗り物酔いがひどく記憶力に影響しているようです。

 

ちなみにこのアトラクション、USJの公式ホームページを見ると所要時間が18分になってます。

おそらく、ライドに乗ってる時間は6分くらいなんですがその前に2つの別室でそれぞれ映像を見せられるんですね。

それで計18分かと。

やっと順番来た!座れる!と思ったらこの映像の間は立っている必要があるので割と足に疲れがきます。お気をつけください。

 

アトラクション自体は、動きは激しめですが映像が楽しいので怖さはあまりなく、子供も楽しめそうですよ。

 

 

 

エヴァンゲリオンXRライド ゆるいネタバレレポ

USJドラクエを楽しんだ後はすぐさま横にあるエヴァンゲリオンXRライドへ!

こちらも写真撮影不可のためiPhoneのメモの手書きイラストレポです。ネタバレたぶんあります。

 

ドラクエレポはこちら

 

chipandsara.hatenablog.com

 

 

ちなみに。

ドラクエはプレイしたことありますけど、エヴァは見たこともありません。

そんな人でも楽しめるのでしょうか。

 

並んでから気づいたんですけど、これ、VRなんですね。今更。

 

f:id:chipandsara:20170511215331p:image

こんなゴーグルをします。(海馬の限界・・・)

 

注意点

・結んでいる髪がゴーグルの妨げになる場合、ほどく必要があります。ポニーテールの方は注意。

・眼鏡は外す必要があります。眼鏡を入れる物は貸してもらえるそうです。

(この日偶然めばちこが治ったんでコンタクトレンズで行きました。ラッキー。)

 

アドバイス

・おでこの位置あたりのつまみでピントを調整できます。調整しないと近視体験になります。

 

ゴーグルについての説明書を読みながら進み、順番がやってきました。

ライドに乗り込むとゴーグルを渡されます。

ベルトコンベアみたいなやつでライドがどんどん進んで行くので、ゴーグルの装着に戸惑うとなんか焦ります。

 

ゴーグルを装着してほどなく。

ライドが動き出しアトラクションが始まります!

目の前にこんな世界が・・・何事・・・

 

f:id:chipandsara:20170511222624p:image

 

f:id:chipandsara:20170511222630p:image

 

エヴァを知らないせいかストーリーを理解できず目の前の展開にあわあわしているうちに終わりましたが。

ライドの動きとも連動したVRの迫力は一度体験する価値ありです。

 

ターミネータとかのサングラスと違ってゴーグルなので、顔を動かせばそこにも映像が広がっていきます。

現実には隣に人が座っているのに、ひとりぼっちのようでちょっと心細かったです。

 

エヴァ見たことなくても楽しめました。

 

 

次回はミニオンハチャメチャライドです。

ドラゴンクエスト・ザ・リアル ゆるいネタバレレポ

USJドラゴンクエスト・ザ・リアルを体験してきましたー!!

ゲームをほとんどせず、ドラクエすれ違い通信が初めて導入された時のしかやったことがない私が、このアトラクションを楽しめるのでしょうか。

 

ネタバレあります。

(どこがネタか分かりませんが体験したことを一通り書いてるので一応)

 

なお写真撮影は禁止だったので、写真の代わりに体験直後にiPhoneのメモアプリで描いたイラストを載せます。

ゆるくてすみません。

 

さて。

平日のUSJはさぞ空いてるかと思いきや割と混んでました。

ドラクエは整理券が必要と聞いていましたが、今回は整理券の配布はなくすぐに並んで待つことができました。

10時に並び始めましたがドラクエの開始は10時半からだったので、待つ間に配布された今回のアトラクションの説明書を読みます。

f:id:chipandsara:20170511210015j:image

今回唯一の写真。

裏面には職業別の攻撃と防御の仕方が書いてありました。

例:武器を持った手を上にあげてぐるぐる回しそのまま下におろす、など

 

順番が来るとまずタブレット端末を渡されるので上の説明書の通り冒険の書を作り職業を選びます。

並び始めてからここまで40分ほど待ったかと思います。

f:id:chipandsara:20170511210148p:image

タブレット

 

名前を決め武器を持つ手を決めたら、タブレットと武器を交換してもらいます。

f:id:chipandsara:20170511210316p:image

武器

 

武器を手に少しテンション上がりつつ列に並んで進んで行くと、

f:id:chipandsara:20170511211020p:image

上の方にこんな人が現れます。

結構喋ります。人形かと思ったら違いました生身でした。

凝視したら話しかけてくれました。

割と絡んでくれるみたいです。

なんのこっちゃ分からんと思うので実際に行ってみてください。

 

それでは冒険に出発です!

鏡の前に立ち、武器をかざすと鏡の中の自分の武器が剣のような物に変化します。

これで結構「うぉぁー」ってテンション上がります。

 

別の部屋に移動し、目の前に現れる敵をみんなで倒します。

モンスターを倒したら、次の部屋へ移動し、また倒していきます。

これを何度か繰り返します。

テンションですか?最高潮ですよ。

 

倒したもの

f:id:chipandsara:20170511211430p:image

f:id:chipandsara:20170511211438p:image

他にも倒した気がするんですけど思い出せない。

海馬の限界を感じる。

 

基本4人組で行動するようです。

私たちは2人組だったのでミニオンコスプレの2人組のお姉さんたちと回りました。

ミニオンの1人はモンスターにやられてクルーの人に「あー〇〇さんはやられてしんでしまいましたー!」と言われてました。

武器が結構重くて振り回し疲れて私は手首をやられそうでした。

 

部屋を移動するときに扉が開くとゲームと同じあの音がしますよ。

デッデッデッみたいな。

 

モンスターを一通り倒し終わるとさっきの王様みたいな人が今度は上の方じゃなく目の前に現れてエンディングを迎えます。

エンディングで忙しいのか絡みはなしでした。

 

ここまでで体験は終了!

めーっちゃ楽しかったです。

本当にゲームの中に入ったみたいに目の前の敵を倒すことに夢中になれて、4人組でまわるのもパーティを組んでるようで一体感があります。

 

次はエヴァンゲリオンレポに続く。 

その5 パークへ 〜ビビディ・バビディ・ブティックレポ〜

オーロラ姫に変身しワクワクが止まらない娘と共にいよいよディズニーランドへ!!

 

過去の記事のリンクです。

シャーウッドガーデン・レストランでのランチレポはこちら↓

 

chipandsara.hatenablog.com

 

ビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスに変身した時のレポはこちら↓

 

chipandsara.hatenablog.com

 

ビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスのご挨拶、「ごきげんよう」を習得した娘。

ディズニーランドの入り口にいるキャストに早速

「プリンセス、ごきげんよう」と声をかけられ覚えたての「ごきげんよう」を披露していました。

片足を後ろに引いて腰をすっとかがめる、あれですね。

娘に気付いたキャストはみなさん声をかけてくれました。

プリンセス扱いしてもらえて娘はすでにご満悦。

笑い方も「うふふふっ」とプリンセス感が増しています。

 

少し歩きワールドバザールに到着するとなにやら人だかりを発見。

覗き込んでみるとなんと!そこにオーロラ姫と王子様がいました!

我が家の小さいオーロラ姫と三人で写真を撮りたいぃぃ

 

しかし何列にもなった人だかりの一番後ろの列にいる私たちに気付いてもらえるだろうか・・・

そこで主人が娘を抱っこして、娘に手を振らせるという作戦に出ました。

待っている人数が多い上にキャストの方の「待っていただいても写真撮影できない可能性があります」という案内に内心焦りつつ待っていると。

なんと!

オーロラ姫がこちらに気付いてくれました!

手招きされオーロラ姫と王子様の元に歩み出る娘。

後ろ姿から嬉しさが伝わってきました。私も嬉しい。

 

そして念願の写真撮影。

f:id:chipandsara:20170510020536j:image 

f:id:chipandsara:20170510020553j:image

ちょっと恥ずかしそう。

 

 f:id:chipandsara:20170510020627j:image

ええ写真や・・・

 

こちらのオーロラ姫、ものすごく綺麗な顔立ちで本当にプリンセスみたいでした。

娘からは「なんか英語でしゃべってた」との感想をいただきました。

 

せっかくプリンセスの姿をしているので写真撮影の後はシンデレラ城の中へ行きました。

シンデレラ城とプリンセスの相性はやはり抜群でした。

f:id:chipandsara:20170510020729j:imagef:id:chipandsara:20170510020735j:imagef:id:chipandsara:20170510020743j:imagef:id:chipandsara:20170510020753j:image

これは何か役に入り込んでいるようです。

 

 

なおシンデレラ城のシャンデリアは部屋ごとに違うそうですよ。

f:id:chipandsara:20170510020823j:imagef:id:chipandsara:20170510020828j:imagef:id:chipandsara:20170510020838j:imagef:id:chipandsara:20170510020842j:imagef:id:chipandsara:20170510020849j:image

 

夜のパレードではミニーちゃんに手を振ってもらえ大喜びの娘でした。

f:id:chipandsara:20170510020907j:image

 

一日中プリンセスとして振る舞い続けた娘は「ごきげんよう」がすっかり板につき、キャストを見かけると自ら率先して「ごきげんよう」とご挨拶をしていたのでした。

 

 

おまけ

 

f:id:chipandsara:20170510020926j:image

ディズニーシーで撮影した写真です。

カメラマンの方が二人いましたが二人ともおぎやはぎの小木さんに似てました。 

その4 プリンセスのランチタイム 〜ビビディ・バビディ・ブティックレポ〜

念願叶ってプリンセスの姿に変身できた娘と共に、シャーウッドガーデン・レストランでランチをしてきた時のレポです。

 f:id:chipandsara:20170505013236j:image

 

ビビディ・バビディ・ブティックのレポはこちら。

 

chipandsara.hatenablog.com

 

 

シャーウッドガーデンはディズニーランドホテルの中にあるビュッフェスタイルのレストランです。

ディズニーランドホテルの雰囲気に調和したこのレストランにはなんと、ビビディ・バビディ・ブティック利用者限定の「プリンセスダイニングプラン」があります。

 

プリンセスダイニングプランとは、憧れのプリンセス姿のまま、素敵なレストランの食事に加えて、プリンセスブーケ、プリンセスドリンク、プリンセスデザートが楽しめるのです。

 

事前にレストランに予約をし、いよいよ当日。

ビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスに変身した後に招待状を受け取りました。

f:id:chipandsara:20170504200041j:image

f:id:chipandsara:20170504203959j:image

 

レストランの受付で招待状を渡すと、娘の周りにレストランの方が集まり、プリンセスブーケと拍手で出迎えてくれました!

f:id:chipandsara:20170504204049j:image 

なお、ブーケは造花ですので翌日以降もプリンセスの姿でパークインする際に持っていけますよ。

 

座席は一番奥の席。

席まで案内され歩いて行く間、他のお客さんの注目を浴び娘は嬉しいような恥ずかしいような顔をしていました。

 

さていよいよお待ちかねの食事タイム!

イースター期間特別の料理は見てるだけで楽しい!

f:id:chipandsara:20170505013015j:image

f:id:chipandsara:20170505014242j:plain

f:id:chipandsara:20170505012954j:image

 f:id:chipandsara:20170505013103j:imagef:id:chipandsara:20170505013129j:image

f:id:chipandsara:20170505014201j:image

 

 f:id:chipandsara:20170505014105j:imagef:id:chipandsara:20170505014133j:image

食事を開始して少し経つとプリンセスドリンクが提供されます。

好きなドリンクを選ぶと、作るお手伝いをさせてくれますので、お手伝いが好きな子供には嬉しいサービスですね。

f:id:chipandsara:20170505013156j:image 

この後レストランの方がシェイカーを振ってドリンクを完成させます。

 

食事が後半に差し掛かる頃、プリンセスケーキが提供されます。

こちらなんとネックレスをモチーフにしたアイスケーキ!

娘大喜び。

レストラン予約の際にお願いしたメッセージが書かれたチョコプレートが載っています。

 f:id:chipandsara:20170505013416j:image

 

親より先に食事が終わり娘が退屈していると、ぬりえや迷路が載った紙をいただいたので娘は楽しそうに遊んでいました。

 f:id:chipandsara:20170505013423j:image

 

心ゆくまで食事を楽しみレストランを後にしました。

全ての料理が美味しく、サービスも良く、満足のランチタイムでした。

 

ちなみに。

ディズニーランドホテル内でお水の提供がありました。

隠れミッキー&ミニーが可愛くて撮影。

f:id:chipandsara:20170505013431j:image

 

次回はパークインレポ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3 いよいよプリンセスに変身 〜ビビディ・バビディ・ブティックレポ〜

ついに。

息子の水ぼうそうが完治し東京ディズニーリゾートに行く日がやってきました!!

娘はもちろん親である私たちも大満足の時間を過ごすことができた、ビビディ・バビディ・ブティックについてレポをしていきますね。

レストランでの食事やパークでの様子についてはまた別の記事でアップします!

 

1.持っていった物

2.ビビディ・バビディ・ブティック

3.写真撮影

 

1.持っていった物

4月は寒暖の差が激しいと思い、防寒グッズを持って行きました。

・白の長袖

・白い靴下

・手作りケープ

例のあれですね↓

chipandsara.hatenablog.com

 

白の長袖はドレスの中に着るために準備。

ドレスに合うようにえりぐりに綺麗めのパールが付いたものを持って行きました。

 

続いて白い靴下。

よくある裾にフリルなんかが付いているものです。

ほとんどのドレスは裾が長めで足はあまり見えないので、冬場はヒートテックなどのレギンスを履いて靴下を重ねばきして防寒するのもおすすめです。

 

ケープは娘が当日どんなドレスを選ぶか分からなかったので、合わせやすい白を準備しました。

 

2.ビビディ・バビディ・ブティック

 

そして当日。

主人と4歳・0歳の子供たちと共に飛行機、電車、バスを乗り継いで夢の国へ!

(チケットをパスポートと呼ぶのは「夢の国」に入国するためのものだから・・・?)

 

パスポートを購入し入国審査(※持ち物チェック)を経てパークの中へ。

ビビディ・バビディ・ブティックはパーク外のディズニーランドホテルにあるので、軽くパーク内で遊んだ後、再入園の手続きをしてビビディ・バビディ・ブティックへ向かいます。

 

ブティック内にはお手洗いはありません。

事前に済ませてから向かうことをおすすめします。

カメラ撮影ですが、着替えの部屋以外は可能とのことです。

 

ブティックの入り口で恥ずかしそうに名前を名乗る娘。

ブティック内はドレスがディスプレイされています。

f:id:chipandsara:20170430032714j:image

f:id:chipandsara:20170430032733j:image

床には馬車が。

f:id:chipandsara:20170430032758j:image

 

受付をしてくれたお姉さんはとても優しくて品のある振る舞いでした。うっとり。

「今日は素敵な魔法をかけて一緒に素敵なプリンセスになろうね。」と言われお行儀よく頷く娘。

ここでプリンセスの「ごきげんよう」の挨拶の仕方を教えてもらいます。

軽く膝を曲げてドレスを持ち上げる、あれです。

 

ドレスと靴を選びます。

ネットで予約する際にドレスの指定が必要ですが、サイズがあれば当日別のドレスに変更できるようです。

事前に親が勝手に指定したのはシンデレラでしたが娘が選んだのはオーロラ姫のピンクのドレスでした。

好きやっけ・・・?

 

次に靴を選びます。

色は黒・白・ピンク。

娘はピンクを選びました。

その場で試し履きをしてサイズを確認。

ちなみに娘のドレスは120cm、靴は19cm。とても大きい4歳児です。

ドレス、靴はレンタルではありません。

全てコース料金に含まれているので持ち帰れますよ。

 

選んだドレスと靴を持ち、着替えの部屋へ。

「ママはお手伝いをお願いします」とのことで付き添い。

主人と息子(王子様と呼ばれておりました)はドレッサーの前で待機です。

 f:id:chipandsara:20170430031136j:image 

 

お手伝いは主に脱いだ服をたたみ袋にしまうことでした。

ちなみに脱いだ服や靴を入れるための袋はたくさんいただけます。

お土産などを買った時と同じあの袋です。

 

着替えが完了するとドレッサーへ。

ここからはヘアメイクをするのですが、ずっと娘は鏡に背を向けた状態で行うので最後まで自分の姿を見ることはできません。

ヘアメイクの方が色々なお話をしながら手際よくヘアセット、メイク、マニキュアを施していきます。

爪に小さなネイルシールを貼ってもらい、水で落ちるマニキュアを塗ってもらっていました。

前髪にスプレーをする時に、溶接の方が使っているようなプラスチックのガードが出てきて「おお」ってなりました。

f:id:chipandsara:20170430081033j:image

 

そしていよいよ・・・完成の時です!

「ビビディ・バビディ・ブー!」の掛け声と共に椅子をくるりと回してもらい今まで背を向けていた鏡の中のプリンセスと対面した娘!

 f:id:chipandsara:20170430032322j:image

もうその嬉しそうな顔を見ただけで私は満足です。にやにやが止まりませんね。

でもまだまだ楽しみは続きます。

 

なお、ドレス選びからここまで大体40分くらいでした。

 

3.写真撮影

 

今回は「キャッスルコース」を申し込んだので写真撮影も付いています。

ビビディ・バビディ・ブティックを出て、撮影のためにスタジオへ。

徒歩1分くらいです。

 

スタジオの受付にはプリンセスグッズが販売されていて危険です。

光るステッキやプリンセスのキーホルダーなど販売されていて案の定「これ欲しい、買って」とねだられましたがそっとしておきました。

 

プリンセスポーズを決めて写真を撮ってもらう娘。

なんか、慣れてる・・・ポーズ、決まってる・・・

笑顔が引きつる私とは大違いですね。

カメラマンさん達の腕もあるでしょうが、私の子供時代と違って今の子供達は記念日にスタジオで撮影することに慣れてるんかなと思いました。

 

撮影が終わると受付で写真を選びます。

写真を選ぶ画面はタッチパネルになっているので自分で好きなフレームを選んだり、写真の大きさや位置を変更できます。

 

台紙にセットされる写真は3種類。

そのうちの2種類はまた別で台紙にセットされず袋に入った状態でもらえるので、日頃お世話になっている祖父母などにプレゼントすることもできます。

写真の入ったメディアや、写真で作ったシールなどはオプションとして別料金で購入できます。

 

写真は10分くらいで仕上がるとのこと。

受け取りは後回しにして予約しておいたシャーウッドガーデンでお昼ご飯を食べることにしました。

まだまだプリンセスの優雅な1日は続きます。

Evernoteでプリント類を整理する方法

保育園、幼稚園、小学校などからもらってくるプリントなどの紙類。

ファイリングも片付けもそんなことを考えることすら面倒だと思い、Evernoteというアプリで管理しています。

スマホのカメラでプリントを撮影してスキャンしておけば、後から必要になった時にスマホやパソコンからいつでもEvernoteを開いて検索して見ることができます!

とても簡単なので興味があったらどうぞ。

 

今日のお題

 1.Evernoteって何

2.どうやってプリント整理するの

 

1.Evernoteって何

これです。

Evernote - stay organized by Evernote
https://appsto.re/jp/m49Yq.i

 

奥が深すぎて極めるとどこまでも使い道があるアプリなんですけど、要はデジタルなノートです。それ以上知りたい方はggkds。

書いたり読み込んだりした内容は全てサーバに保存されるので、スマホ等の容量は使いません。

それを今回はプリント管理用に使ってみます。

 

2.どうやってプリント整理するの

ここではiPhoneでの使い方を説明しますね。

 

Evernoteを開き、画面下のプラスボタンよりノートを作成する画面を開きます。 

f:id:chipandsara:20170420155534j:image

 

カメラのボタンをタップし、 プリントを撮影。

f:id:chipandsara:20170420155546j:image

 

シャッターボタンを押さなくても少し待てば自動的にプリントを読み取ってくれます。

プリントの境界線をはっきりさせるために、背景は濃い色にするとすぐに読み取れます。

f:id:chipandsara:20170420155556p:image

 

画面左下に読み取ったプリントが表示されたら右下の保存ボタンを押します。

 f:id:chipandsara:20170420155610p:image

 

題名をつけます。題名の最初に日付を入れてもいいです。(例 「20170401 保育園の持ち物」)

 f:id:chipandsara:20170420155827j:image

f:id:chipandsara:20170420155837p:image

 

左上の完了を押して、おしまいです! 

 

では実際に使ってみましょう!

 

「保育園の持ち物」について書かれたプリントが必要になった場合。

 

検索をタップして

f:id:chipandsara:20170420160339j:image

 

「保育園の持ち物」と入力すると、「ノート」という文字の下に先ほど読み取った時につけた「保育園の持ち物」という文字が出ました!

f:id:chipandsara:20170420160634p:image

 

タップすればこの通り、読み込んだプリントを見ることができます。

f:id:chipandsara:20170420160834p:image

 

ちなみにもう1つすごい機能があります。 

検索画面に「おむつ」と入力します。

すぐ下に出てくる「おむつで検索」という黄緑色の文字をタップ。

f:id:chipandsara:20170420160441p:image

 

すると・・・

 

てってれーん

 f:id:chipandsara:20170420161931j:image

 

先ほどのプリントが見つかりました。

なんと、タイトルに入力した文字ではなくて、撮影したプリントの本文の文字を認識して検索しているんですよ!!

良かったら試してみてくださいね。

 

 

 

Q.ggkdsって何?

A.「ググってください」です。有名なggrks(ググれカス)を丁寧にしたものです。